2018年5月8日火曜日

おばたん、初めての黒部ダムと雪の大谷

おばたんは、黒部ダムについては、長野側から行けると思っていたのよ。
でも、雪の大谷がある室堂には、富山側からしか行けないと思い込んでいたの。
だって真ん中に3000メートル越えの立山が聳えているんだもの。
顔中雪にまみれて凍傷と闘いながら、氷雪の中を宙づりになって越えるイメージが・・・
手を滑らすおばたん!滑落して消えていくスポタン!
・・・・・・
「え?行けるんだ!」
「越えないんだ!」

1433mの扇沢からはマイカー規制で、トロリーバスで黒部ダムにつく。
電車みたいに上に張った電線に触れながら走る

このトロリーバスは今シーズンで引退、来期からは電気バスになるらしい。
昔「黒部の太陽」というこのダム建設を描いた映画やテレビドラマがあったらしいことは知っていたのだけど、
ダムのための資材を運ぶため、長野側のこの道を通すための難工事と犠牲を描いたものだったのだと初めて知った。いや~この年になって初めて知ることが結構あるわぁ。
パンフをご覧ください。右が信濃大町。

黒部湖の先は、ケーブルカー。
黒部平の先は、ロープウエイ。
その先は、トロリーバス。このバスが立山のお腹に開けた標高2300~2400メートルのトンネルの中を進んで富山側の「室堂」に出るんだ。
いや、ほんまにびっくり。
どこの山にだって穴をあけてるんだから、立山も例外じゃないんだろうけど・・・中から越えるとは、すごく意外だった。
黒部ダム。これから雪解け水がどんどん溜まる。6月~10月には観光放水をするらしい

あの山の向こうへ出るんだ~

室堂は外国だった。
中国語が飛び交っている。
クラツリの旗を持ったおじさんが「今は、台湾の人が多いんですよ。何でも政府が死ぬまでに見ておいた方がいい景色の一つにここを押しているらしいんですわ」とツアーの人に説明していた。「そうなんだぁ・・・」
ohotani sa~n!はここでも人気なんだね。
やっぱりバスと撮らないと高さがわかんないよね

雪の壁硬い硬い!カッチカチ!
雪の壁高い高い!5月6日現在最高部は16メートルだって。
登山の拠点でもあるので山岳情報の掲示版 滑落や骨折者の記事も。名残のスキーをしている人もいる。もうすぐシーズンは終わりなのだそうだ。

雷鳥荘はこちら!
名残のスキーを楽しんでいる人もいる。
この雪が無くなってしまうなんてちょっと想像がつかないけれど、
池や草原が中から現れる頃に、今度は富山側から来てみたいなあと思うおばたんとスポタンだった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この連休中、長野の中部から上を歩き回っていたおばたんとスポタン。
おばたんと信州の出会いは古い。
大学生の時に、nonnnoだったか?旅行券が当たる!という「旅の企画作文」みたいなのに見事当選しゲットしたクーポンで「樹に実っているリンゴを見たい」一心で
♪授業を抜け出して一人で出かけた~♪のである。
(授業を抜けるのは簡単だったが部活の方は抜けるのが大変だった)
「アルペンルート最後のコンビニ」にて

西宮から電車、列車を乗り継いで、やっと牟礼という村の小さな宿についたら、もうとっぷり日が暮れていた。その村にリンゴがなっているのを何かの写真でみたのだろう。全然知らないところだ。
宿屋ではあんまり遅いので「もうこれは来ないわ」と思っていたというが、美味しい夕食をいっぱい出してくれた。
「こんなところへ何しに?」
「リンゴ見に来ました!」
「なんと、まあ!」
ということで翌日は親戚のリンゴ畑に連れて行ってくれた。
今はもう見ない、スターキングというリンゴをカバン一杯採らせてもらって、またはるばる下宿まで帰った。

そんなにしてもらったのに、お礼状の一本も出さなかった昔のおばたんにダメ出しをしたい。
もうないだろうなあ。その宿屋。
リンゴの花

今でも、リンゴは実も花も好きだ。
当時は、リンゴ園に嫁に行くと言っていたような気もする。
ご縁がなくて残念でした・・・・。
山菜の数々 上から右回りに タラの芽、コシアブラ、蕨、フキ、こごみ、フキノトウ





















2018年4月11日水曜日

すぽたんの桜旅2018

おばたんとボクはいつもこの季節旅に出る。
離散家族のご機嫌伺いがメインなんだけど季節は、春。
桜の季節!
今年もあちこちの桜に会えたよ。
まずは3月29日。徳島県三好市の桜が岡公園の桜。
山の斜面に篤志家が植えた桜の公園。吉野川が見下ろせてほんとにのどかです。


おばたんの小学校の校庭の桜 夕方


向こう側はプール。古いよ~

3月31日。新幹線を名古屋で降りて名鉄特急で30分。
岡崎城に寄りました。
憧れの城と川と桜。
去年の同時期には、カチカチの蕾だった桜は散り始めていました。
仲良しコウロン夫妻のご案内でほっこり。
しかし、ここの屋台出店数、はんぱない!

からくり時計 家康君が出てくる

お堀に散る桜

岡崎城のすぐ下を流れる乙川 手前は多分オオシマザクラ


屋台、大賑わい

地元の桜も今年は早いわ~。
4月2日。地元通の友達の案内で入間川沿いの桜堤に。
飯能駅から仏子駅まで、延々続く大きな桜の並木、
花吹雪を受けながら歩きました。
おばたんたちに驚いて鎌首をもたげたヤマカガシ!おばたんたちもびっくりこ。
初出?おばたんの後ろ姿(左)


小学校の構内の並木も満開
草むらにはヘビがいる?


長野の桜は東北と時期が同じくらい。
4月7日。善光寺の境内は、コブシ、雪柳、桜、椿、レンギョウでくれよんの箱みたい。
長野の桜はコヒガンザクラ系が多い。
花が小さめでピンクが濃いのでソメイヨシノと一緒だとグラデーションが美しい。

 4月8日。戸隠方面に上った山里の素桜神社の樹齢1200年の神代桜。スサノオのミコト御手植えとか。
今朝の雪が残る 寒いわ~一分咲きでしょうか


花かと見えるは、雪なのだ

こんなに寒くても、あんずの里のあんずはほとんど散っていたよ。
長野の花見名所では、ブルーシートを引いて座り込んでいるグループをほとんど見なかった。
寒いから冷たい地面に長時間座れないんだと思うけど、視界がきれいだ。
みんな歩きながら桜を見ているので、人が流れるしゴミも出ないんだ。
花の下のどんちゃん騒ぎも捨てがたいけど・・・う~ん。
宴会は牡蠣小屋みたいなハウスや建物の中でしているみたいだ。

臥龍公園では、桜の向こうに雪の北信五岳が見える。
冬からババッと初夏になってしまったような今年。
春を初めて掴んだような気がしたよ。


黒姫と妙高


今年の桜のシメは、4月9日、高遠城址の桜。
聞きしに勝る桜の海だった。
てっぺんの公園には入園料500円がかかるけど、山全体が桜で覆われているので地元の人なんかは上まで行かなくても楽しめるようだ。


うわ~!どっちをむいても桜の海

花筏に行く春を惜しむすぽたん 風流犬である。


2018年4月6日金曜日

春が大忙しで!

!今年の春は大忙し!
しかもどうやらおばたんn、檜花粉にデビューしたみたいです。
例年3月で終わる花粉症が今だにぐずぐず……
あちこち出かけたサクラ写メは後日まとめて見ていただこうと思っています。
もう一箇所行ってくるね。


ミントが生えてきた。花粉症に効くとか


猫額園は花盛り
草むしりの日々が始まるよ

2018年2月18日日曜日

クロッカスが咲いた❗️

とっても寒かったこの冬。
やっと猫額園にも春が来た⁉️
昨日、紫のクロッカスが咲き始めたよ。
今日はまた数がふえてる。
まだ寒い日もあるだろうけど、すぽたんとおばたんの大好きな早春です!

2018年2月14日水曜日

Snow monkey、やっぱりいいかも!

テレビでよく見る温泉でくつろぐおサルさんたち。
「ほっこりするけど、わざわざ見に行くなんて・・・」と思っていたおばたん。
しかし、これがご縁というものなのか、月曜日に地獄谷温泉(Zigokudani onsen)に行ってきたよ。
ああ~極楽
ちょっと出られない。



地獄谷温泉ってすごい名前。
長野から志賀高原の方に向かっていく感じ。
横湯川(いかにも温泉っぽい名前)の渓流沿いに湯田中温泉、渋温泉、と温泉が並んでいる。渋温泉からのルートは冬季雪のため閉鎖となるので角間温泉からの迂回ルートを使う。外国人観光客(とくにオーストラリアの人)に大人気らしいよ。駐車場のおじいさんが「日本人は少ない」と言っていた。
駐車場からはアイスバーンになった坂道だ。
坂道はすぐに山道になる。

この山道を1.6㌔、25分歩いて着くのが地獄谷野猿公苑なんだよ。
整備はされていて道幅は1m以上あるんだけど、片側は渓流に落ち込む崖。
太い杉の木が生えているから下までは落ちないと思うけど・・・
踏みしめられた雪でカチカチだから、変な靴で入っちゃ絶対ダメ!
スノーブーツとかで行ってね。
開園時間は冬季は4時まで。
ぼく達が行ったのは3時過ぎだったんだけど、寒かった~。

谷のところどころから湯気が上がっている。
湯気の上がる河原でお尻をあっためる

周りは雪の崖

何を捜しているのかな

おサルさんたちは、野生でこの谷で自由に暮らしているので、温泉にいつも入っているわけではない。
が、この日のこの時間には10匹くらいのおサルさんたちが入浴中だった。
真ん中へんにいる体格のいいおサルはずう~と入っていて、赤い顔がますますどんどんまっかっかになっていった。
でも、わかる。ボクだって出たくないと思う。
出た途端に湯冷めしちゃうよ・・・うう。寒い!
いつ生まれた子なのか、子ザルがいっぱいだ。
雪の中から何かを掘り出して食べている子、
断崖絶壁を滑り降りてくる子、兄弟げんかをしている子、かあさんとお風呂に入っている子・・・
おサルたち、不思議なくらいに自然体だ。
カメラやスマホを向けて近づいてくる人間をほとんど意に介していないようにみえる。
逃げるでもなく、威嚇してくるでもなく、バッグを取りに来るでもない。
なんなんだろうこの絶妙の距離感。
相当にできるおサルたちだ。
帰りは零下になって冷え冷えの山道をまた降りたんだけど、心が何だかホカホカうきうきしていたよ。

野生のおサルの世界にお邪魔するので、それなりに気を使わねば。

この日は食べ物をちらつかせる人とか、触ろうとする人とかもいなくて、見ている人たちのマナーもおサルに負けずちゃんとしていました。(モチロンぼくもおばたんのバッグの中で大人しくしていたよ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここに来る前に小布施の岩松院に寄りました。ここは葛飾北斎の天井画で有名なお寺です。山門の仁王様がかわいすぎるのでご紹介。
つぶらな瞳!
ポーズも愛らしい?






善光寺表参道では灯明祭りが開催中でした。
公募した切り絵をぼんぼりに貼り付けて灯りをともして参道に飾っている。

















おばたん、初めての黒部ダムと雪の大谷

おばたんは、黒部ダムについては、長野側から行けると思っていたのよ。 でも、雪の大谷がある室堂には、富山側からしか行けないと思い込んでいたの。 だって真ん中に3000メートル越えの立山が聳えているんだもの。 顔中雪にまみれて凍傷と闘いながら、氷雪の中を宙づりになって越えるイメ...